クラスTシャツの作り方

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」はどのように作ればいいの?

 
Tシャツは私たちのファッションになくてはならない存在になっています。
もともとはアメリカの海軍の船内での下着として使用したのが始まりです。
動きやすくて軽いです。洗濯しても短時間で乾燥するのは大きなメリットです。
着替えも簡単です。
 
白いズボンの上に着て仕事をする上では最適なアイテムだったのです。
Tシャツはタオルとしても使用されていました。
ケースによっては白旗にすることもできたのです。
機能性がいいので重宝されて広く使用されるようになりました。
 
海軍の船乗りは米国人にとっては英雄のような位置づけにあります。
Tシャツも海軍の船乗りが来ていたので人気商品になったのです。
今では作業着というよりもファッションとして取り入れることが多いです。
そして、自分たちが好きなデザインのTシャツが欲しいというニーズもでてきました。
 
自宅で気軽に作るのはアイロンプリントがあります。
専用のシートを熱で貼り付ける方法もありサンラバー法と言われます。
こちらのほうはアイロンプリントよりも手間はかかります。
ですが耐久性に優れています。あとは、シルクスクリーンです。
こちらは版画の技法を取り入れています。
 
インクが通る部分と通らない部分に区分して製版します。
通る部分に空けられている細かい穴からインクを出して印刷します。
本格的ではありますが、もっとも手間がかかります。
自分でオリジナルTシャツを作るならば、アイロンプリントでしょう。
しかし、仕上がりを気にしたり、「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」で
大量に作るならばプロに依頼をする
ことになります。
 
 
 
  • ファッション性が豊かな「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」
 
ファッションのひとつとしてTシャツが登場したのは1960年頃です。
それまでは作業着や下着でした。いろいろなデザイナーがTシャツと次々に発表しました。
本格的にファッション界にでてきたのは1970年代です。
後半になるとヒッピームーブメントやパンクブームで自由の象徴としてTシャツが取り上げられました。
ファッションの中でTシャツは重要な位置を占めるようになります。
 
1980年代になるとスポーツメーカーがスポーツウエアとして注目してきます。
男性も女性も着こなしができる風潮になりました。
1990年代になると、これまではカジュアルウエアであったTシャツが
ハイブランドからも登場することになります。
 
上品に取り入れたミニマルなスタイルが大流行します。
環境にも配慮したオーガニックコットンを素材にしたTシャツもでてきます。
今ではビジネスシーンでも取り入れられています。もはや流行のものではなくなっています。
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」は企業の宣伝広告ツールとしても利用されています。
 
 
 
  • 広告としても利用される「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」
 
無地のシンプルなTシャツは比較的リーズナブルな料金で仕入れることができます。
印刷加工がしやすいので、いろいろなデザインをして表現できます。
加工技術が発達したことが大きいです。
1960年には企業のロゴをいれたTシャツが米国でヒットします。
これによってTシャツのコミュニケーションツールとしての利用が確立します。
 
大統領選挙ではイメージからやキャッチフレーズを印刷してTシャツは選挙運動の広報ツールとして利用されました。
 
プリント技術やデジタル化が発展したことで、誰でも「オリジナルTシャツ」や
「クラスTシャツ」ができるようになりました。
ライブ・アニメ・映画のプロモーションとして製作されたりします。
店舗のオープン記念・大学や高等学校での文化祭・学園祭のグッズ、
記念品など、仲間同士で同じデザインのTシャツを着ることなどコミュニケーションツールにできます。
 
インターネットが普及していますから、簡単にTシャツを注文できます。
同じTシャツを着ることで団結力を高める効果が期待できます。
同じデザイン・同じ色・同じ形のTシャツを着ることで深い関係になっていなくても
コミュニケーションを深めることができます。

クラスTシャツ

 

 

スポンサードリンク