クラスTシャツの作り方

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」の追加注文

2017年02月17日 18時11分


そのTシャツの人気があって、欲しい人が多い場合もあるでしょう。
企業が記念品として追加注文したいこともあるでしょう。
高校や大学のクラブ活動・サークル活動・同好会ならば新入生が入学してメンバーが増えることもあります。
あるバンドがツアー中に着用するTシャツを販売していて売り切れてしまい
追加発注しなければならないケースもあります。
そういったケースでは、以前に製作したものと同じデザインならば、最初からデザインしなくてもいいでしょう。
 
基本的には同じ業者に発注するならば、そのオフィシャル・ウェブサイトにログインして
マイページから注文履歴を出して再注文することができる場合もあります。
 
例えば、シルクスクリーン印刷の場合は最初の印刷の時に版代が必要だったと思います。
追加の場合は版代が無料になることが普通です。
シルクスクリーン印刷の特徴としては、30枚以上程度の発注になると1枚当たりの単価が安くなることです。
しかしながら、版代が5,000円から10,000円程度必要になる短所がありました。
 
ですが、まったく同じデザインのものを追加オーダーする場合は、前回注文と同じ版が利用できます。
すると版代の5,000円から10,000円が不要になります。
前回と同じ注文数でも、かなり安く追加注文できます。
 
では、その版はいつまでも保存しておいてもらうでしょうか?
残念ながら永久的ではありません。どこの業者でも版の保存期間は規定されています。
前回のオーダーから一定の日数が経過すると版は廃棄されます。
その保存期間は業者によって違います。一般的には1年間から3年間程度です。
 
追加注文をした場合に、従来のものと印刷した色が薄かったり濃かったりします。
1年以上経過した場合は版が劣化していることもあります。
印刷工場の作業工程が変わることもあり要因はいろいろです。

 

スポンサードリンク