クラスTシャツの作り方

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作る場合の原稿

2017年02月17日 18時11分


世の中にはいろいろなデザインのTシャツに溢れています。
ですが、自分のイメージに完全に一致するデザインのものを見つけるのは簡単ではありません。
気に入った物があっても一部が気に入らず納得できないこともあります。
完全に満足するものに巡り合うことはレアケースです。
 
頭の中にはイメージがあっても市販のものではダメです。
自分で作ればいいじゃないか?という話になりますが、生地や道具も準備するのは大変なことになります。
そんなときにはプロのデザイナーに「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を依頼することです。
クラブ活動や学園祭でチームの揃えたデザインのウェアが欲しい場合があるでしょう。
実業団のチームでユニフォームを作りたいときも同じです。
 
デザイナーと協力することで、自分たちが希望するデザインのTシャツができます。
デザイナーと原稿をやりとりして、アイデアを伝えて具体化してもらえばいいです。
最初はフリーハンドで書いたデザイン原稿が、次第にイメージ通りのものに仕上がります。
 
 
 
  • 「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」をオーダーする場合にデザイン原稿はどのようなやりとりになるのか?
 
1番目は、まずどういった目的でTシャツを製作するのかをハッキリするようにしましょう。

2番目は、ユーザーが頭の中にイメージしているデザインを具体的な文字やイラストでデザイナーに伝えます。

3番目は、生地の基本の色やデザイン・文字など、絶対にTシャツに入れたい項目をデザイナーに依頼をします。

4番目は、何回かデザイナーとやりとりをしてデザインを決定します。
 
 
イラストソフトの利用ができるならば、オリジナルイラストのデータを原稿として渡すのが手っ取り早いです。
Adobe社のイラストレータならば、多少データを整えることをすれば入稿できます。

 

 

スポンサードリンク